MENU

長期的には金利上昇局面へ 住宅ローン2013金利動向

長期的には金利上昇局面へ 住宅ローン2013金利動向

短期的にはまだまだ金利上昇の余地はないようですが、政権交代により金融市場にさまざまな変化がおきそうな気配です。

2013年1月住宅ローン固定金利が若干上昇

円安・株高に伴う金利上昇局面へ

2013年1月の住宅ローン金利と今後の見通し


この記事はAmebaブログ「natural-antiques 自然素材の家に住みたい」より転載しました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる