MENU

マイホーム 上棟日に用意するお弁当はどんなものがいいのか?

3月22日、23日に2日かけて上棟を行います。

木造3階建てなので2日間の日程になるそうです。

いよいよ外観の大きさのイメージがつかみやすくなると思います。

間口が4m弱の建物でしかも3階建てですから細さは感じるでしょうね。

上棟式という大掛かりなものはやりませんが工事関係者との顔合わせと現地での詳細打ち合わせを行います。その際にお配りするお弁当を用意してくださいとのこと。

こういうのってやったことないですからどんなお弁当を用意したらいいのか?予算は?など 不安になりますね。

私たちは地元の名古屋市西区「八百彦」さんでお願いしようかなと思っています。

「八百彦」さんは江戸時代創業の老舗仕出し料理屋さん。地元では有名でナゴヤドームの野球開催時のお弁当も作っています。

他のお店も探しましたが懐石料理のお店だけあってとっても見た目きれいなお弁当のイメージでした。

上棟式用というジャンルのお弁当は特にないようなので行楽弁当、お花見弁当から予算を伝えて用意してもらう予定です。

行楽弁当は表メニューには載っていないようで行事と予算で用意してくれるお弁当のようです。

お花見弁当は3月、4月のこの時期なのでメニューにも掲載されているメニューです。

持ち帰りができるプラスチック容器のお弁当は上記のものしかないようで他のメニューはお店の引き取りが必要な容器のしっかりとしたお弁当でしたので、上棟式で現地でテーブルなど用意して皆さんで食事会を行う場合はいいかもしれません。

料金によって配達もしてくれるようなので安心です。

名古屋市西区幅下 八百彦本店


この記事はAmebaブログ「natural-antiques 自然素材の家に住みたい」より転載しました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる